スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

『ダイエット カロリー計算』 

食事のカロリーをコントロールすることで,ダイエットをしようとするときには,ダイエット中
の食事のレシピのカロリー計算をすることが大変重要となってきます。
ダイエット中の摂取カロリーが,ダイエット中の消費カロリーより多い場合には,体重は増え,
またダイエット中の摂取カロリーが消費カロリーより少ない場合には,体重は減ります。
ダイエット中の食事を考える時には,ダイエット中の食事の量を減らすことよりも,摂取する
カロリーの量をきちんと計算して,低カロリーの食事をすることが,ダイエットの成功のカギと
なります。
では,ダイエットの時には,一日どれくらいのカロリーを摂取すれば良いのでしょうか。
ダイエット中の1日の必要摂取カロリーの目標は,大体1600キロカロリー程度です。
肥満度が激しい人であれば,最終的にダイエット中は1300キロカロリーまで落とすことも
必要かもしれません。しかし,ダイエットを始めるにあたって,突然カロリーを急激に落として
しまうことは,大きなストレスとなってしまいます。
大きなストレスを感じない為には,ダイエットを始める時に,少しずつカロリーを減らしていく
ようにしましょう。
スポンサーサイト
[ 2009/03/05 01:21 ] ダイエットの方法 | TB(0) | CM(0)

デトックスダイエット 

デトックス、と言う言葉は最近よく耳にすると思います。身体の内部の毒素を体外に排出する作用を総称して、デトックスと呼びますが、この作用を痩身に応用したのがデトックスダイエットです。現在デトックスは、さまざまな病気の治療や予防に用いられています。デトックスダイエットは正しく行えば、健康とダイエットを同時に達成することができるのです。毒素を出す、と簡単に言ってもそのやり方は多様で、例えば数日間の断食で宿便を出したり、病院での腸内洗浄、サウナや半身浴で大量の汗をかくこと、等もデトックスダイエットなのです。最も手軽で誰にでもできるデトックスダイエットは朝晩にコップ1杯のミネラルウォーターを飲むことです。朝の水は腸の運動と新陳代謝を促進しますし、寝る前の水は日中に蓄積された毒素を就寝中の汗や、朝からの尿として排出します。また、食事の時にわさびや生姜、にんにく、ねぎなど、一般的に薬味と言われているものを摂取するようにしましょう。これらの薬味には解毒作用がありますので、食事をしながらデトックスをすることができます。他にもレモンバーム、ローズヒップ、ルイボスティー、毒だみ等のハーブティーを温かくして飲むことも、塩分や老廃物の排出のデトックスに効果があります。毒素が排出されると血液がサラサラになって循環がよくなりますので、便秘が解消され、美肌にも効果があります。また、免疫力が高まりますので、体調はよくなります。体内の循環機能が活発化した結果として脂肪の燃焼率が上がり、ダイエットができるのです。

[ 2009/02/11 23:23 ] ダイエットの方法 | TB(0) | CM(0)

モーツアルトダイエット 

モーツアルトの音楽に、α波と呼ばれる高周波数音域が多く使われていることは、最近の研究でよく知られています。モーツアルトの曲を聞かせ続けたトマトは、そうでないトマトよりもはるかに高い糖度を示すことや、多動性を持った児童の動きが軽減されたり、鶏の産む卵の量が増えた上に栄養価が増したりするなどの効果があることも、研究で明らかになっています。モーツアルトダイエットと呼ばれるダイエットは、モーツアルトの楽曲を聴くことで、副交感神経の働きを活性化させて、ストレスを取り除くことで、ダイエットをしようと言うものです。それ程甘いものを食べているわけでも、食事の量が多いわけでもないのに太っていたり、色々なダイエットでも余り効果が見られない人の場合、ストレス太り、と言うことも考えられます。普通ストレスは筋肉の中のグリコーゲンを分解し、ブドウ糖を血液中に放出しています。肉体的なストレスはブドウ糖をエネルギー源として消費するのですが、精神的なストレスの場合はブドウ糖が余り使われないまま血液中に残ってしまい、肝臓で中性細胞に変化し、脂肪細胞の中に蓄積して太ってしまうのです。これがストレス太りを引き起こしてしまうのです。モーツアルトダイエットでは、モーツアルトの楽曲に含まれる高周波数が、自律神経の副交感神経の働きを活発にしますのでリラックスした状態になり、ストレスが発散されてダイエットできるのです。

[ 2009/02/11 22:00 ] ダイエットの方法 | TB(0) | CM(0)

レコーディングダイエット 

レコーディングダイエットの知名度が一気に上がったのは、作家兼プロデューサーである岡田斗司夫氏が、このダイエット方法で、ピーク時には117kgもあった体重を1年間で50kgも減量させたことによります。岡田氏はこの体験をTVなどのマスコミを通じて語る他にも、自ら「いつまでもデブと思うなよ」という書に著しています。レコーディングダイエットの発祥はアメリカだと言われていますが、毎日の食事を、その日の行動とともに日記のように書いていくだけでダイエットができるというものです。レコーディングダイエットの為には、日常記録用のノートを持ち歩いて、何か食べるたびに、できれば食後すぐにメモを取ります。起床から就寝まで行動と伴にメモしていきます。3度の食事だけでなく、間食などもメニューと量をしっかりと書かなければなりません。外食などの場合で、カロリー量が分かっている時にはそれも忘れずに書いておきましょう。レコーディングを続けることで、改めて自分の食生活を見直すと、意識せずに肥満の原因を作っていたことに気がつきますし、それまでの食生活そのものを戒めよう、と言う気持ちが芽生え、意識改革が起こり、ダイエットが成功するのです。現在お笑いタレント「森三中」の村上知子さんも挑戦中です。

[ 2009/02/11 21:00 ] ダイエットの方法 | TB(0) | CM(0)

計量ダイエットで毎日朝夕2回の体重をチェック 

レコーディングダイエットは毎日の食事を記録するものですが、計量ダイエットは、毎日朝夕2回の体重を折れ線グラフに表していくダイエットです。このダイエットは短期間での大幅な減量ではなく、1日5g~100g程度の減量を長期間継続することで、最終的に目標体重に到達させようと言うものです。体重は100g単位で計量できる細かな目盛りの体重計で計測します。1日2回の計量はできるだけ毎日同じ条件で計量するようにしましょう。もしも条件が違ってしまった場合には、その理由をグラフの余白に書き込んでおきます。グラフに描いた時に体重が前日より増えてしまっている場合には、自分なりにその理由を考えてメモしておきます。例えば、便通が数日ない、であるとか、友人と外食をした、夕食後に付き合いでスイーツを食べた、など自分で思いついた理由を書いておきます。後は記入した体重データと、余白に書き込んだ理由をダイエットに有意義に活用していくのです。体重が増えてしまった日に何か理由の書き込みがあった場合には、次からは意識してその障害を取り除くようにします。グラフが右下がりになって、体重の減少が目に見えてくると甘いものの誘惑にも打ち勝てるようになりますし、暴飲や暴食に自然とブレーキがかかり、ダイエットの成功へ、と繋がっていくのです。

[ 2009/02/11 20:15 ] ダイエットの方法 | TB(0) | CM(0)